ダイニングテーブルはいずれ買い替えをしたいです。

我が家のダイニングテーブルは、幅が120cm奥行きが80cmのサイズです。何の木かは忘れてしまいました。結婚式前は遠距離期間があり、家具は私が実家の家具屋さんで買いました。夫は特に家具にこだわりもない人あったから、好きなものを選んで良いということで、私が選んだのです。当時私もそこまで家具に興味がなかったので、とりあえず新居のハイツに置けるサイズという点のみにこだわり選びました。いろんな家具屋さんを見て選ぶようなことはせず、一軒の家具屋さん内で決めようと初めから思っており、その家具屋さんの中で、直感的にこれだと思ったものを選びました。ブラウンに塗装されており、淵は丸く加工されていて、全体的にアンティークな印象のダイニングテーブルを選びました。天板は木の素材ですが、傷が付きにくいようになのか、ツルツルな何かが塗装されてた感じの加工がされていました。

その時はそのダイニングテーブルが私を呼んでいるように感じ、予算内であったのです、それに決めました。結婚した後、木の家具に興味を持つようになります。そうすると木の素材感たっぷりのダイニングテーブルに惹かれるようになりました。特にダイニングテーブルの淵が、木の淵でもあるような、ナチュラル感のあるダイニングテーブルに魅力を感じるようになります。無垢の天板、できれば一枚板の天板のテーブルがいいなと思うようになります。椅子に関しては、片側はベンチが良いかなと思います。ベンチは詰めて座れば小さな体なら3人でも4人でも座れます。融通が利くので来客時に便利だと思いました。ちなみに色ですが、私はナチュラルカラーの家具にもすごく魅力を感じるんですが、食器棚などはブラウン塗装なので、ブラウン系に揃えた方がいいかなと思います。食器棚から選び治せるのであれば、ナチュラル系がいいかなとも思いますが、最近はウォールナットという素材にも惹かれているので、買いなおすのであれば相当迷いそうです。ウォールナットはナチュラルの状態で濃いブラウンの木ですが、お洒落なんです。渋くてカッコいい色です。ただ暗い色ではあるので、お部屋全体が暗くなるかもしれないと考えると躊躇してしまいます。

しかし、ウォールナット製の家具を店頭なので見る機会があったので見たら、そこまで暗さは感じませんでした。照明の影響かもしれませんが、光の入る家だったら、あまり気にしなくてもいいのかもしれません。今は子供が小さくてダイニングテーブルもどんどん汚れていってます。子育てが落ち着いたら、好みのものに買い替えが出来れば嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*